一人暮らしなら

ウォーターサーバーにはいろいろなサイズがある

ウォーターサーバーと言えば、大きなタンクが取り付けられ、多くの人がいつでも好きな時に水やお湯を使える大型のタイプが一般的だと言えるでしょう。水のタンクは定期的に届けられるため、空になるたびに注文する必要もありません。市販のミネラルウォーターを購入するよりもコスパが良く、会社でウォーターサーバーを導入すれば、従業員の福利厚生にも役立ちます。お茶を入れたいときも、いちいちお湯を沸かさなくて済み、手間が省けるでしょう。

こうした業務用以外でも、ややコンパクトなサイズの家庭用のサーバーもあります。赤ちゃんがいる家庭でも、チャイルドロックが備えられたサーバーであれば、誤って水を床に撒き散らしたり、お湯で火傷をする心配もありません。中にはコーヒーメーカーの機能が付いている物もあり、様々な飲み物をウォーターサーバー1台で楽しめます。

一人暮らしに適したウォーターサーバーとは

一人暮らしだと、家族でお茶を飲んで団らんを楽しむ時間も少なく、水分補給がおろそかになりがちです。少量のお湯を沸かすのも面倒なので、お茶を飲む機会も減り、つい水分が不足しがちと言えるでしょう。そこで、小さなサイズのウォーターサーバーを置くと、非常に便利です。ウォーターサーバーというと、業務用の大きなサイズの製品を想像しますが、実は1リットルのボトルを装着するような個人用の小さなサイズもあるのです。人は1日当たり2リットルの水が必要だと言われており、これに合わせて2リットルのボトルから水を供給するウォーターサーバーが販売されています。

ボトルが小さいと、女性でも交換が簡単なうえ、場所を取らず、卓上にも置けて、大変便利です。また、業務用の大容量サイズの物と異なり、月ごとのノルマがありません。